セロトニンを増やせばうつや不眠は解消する。

2013.1.28|うつ・不眠 セロトアルファ セロトニン

このエントリーをはてなブックマークに追加

セロトアルファ

セロトニンの分泌を増やすことによって、ストレスが軽減できることはわかっています。

で、セロトニンって何?

という方もいると思いますが、セロトニンはセロニン神経から分泌される脳内物質の一つです。

セロトニン神経というのは、人の思いやりの感情、つまり他人を思いやることをこのセロトニン神経はつかさどっています。

脳内細胞、前頭前野の感情をコントロールする神経は3つあり、ドーパミン神経、ノルアドレナリン神経、セロトニン神経になります。

ドーパミンとかノルアドレナリンという言葉は良く聞くことはあるのですが、セロトニンという言葉はあまり聞いたことがないかと思います。

すべては、相乗効果でどれひとつかけてもダメなものなので、簡単にそれぞれの働きを紹介しますね。

難しい話は抜きです。

ドーパミン・・・やる気を起こさせる脳内分泌物で、ドーパミンが減少すると無気力になったり運動すらできなくなったりましす。

ノルアドレナリン・・・集中力の源であり、ストレスがある状態で活躍します。逆にノルアドレナリンが多く出過ぎると、パニック障害やうつになったりするようです。

セロトニン・・・セロトニンは先程述べたように人を思いやる心などの感情をコントロールします。よく、打つや不眠の他にイライラや不安というのがありますが、セロトニンの分泌が不足するとまさにこのような症状が現れます。

これらの脳内物質は、どれも大切で一つでもかける病気になってしまいます。

最近は、セロトニンを増やす方法で呼吸法というのがありますので、後程説明致しますね。

まず、うつや不眠、イライラ、不安、パニック症が等この呼吸法を身につけると睡眠薬やサプリメントが必要なくなるらしいです。

しかし、今うつや不眠などの症状がある方は、すでに脳内神経のバランスを崩していますので、自力で恒久法などを試せる儒教では無いと思います。

その場合には、まずは安全なサプリメント、セロトアルファを試してはいかがでしょうか。