パニック障害はストレスが原因?

2013.1.13|うつ・不眠 セロトアルファ セロトニン

このエントリーをはてなブックマークに追加

パニック障害にもセロトアルファ

パニック障害は、今では病名も知られてきましたが芸能人では、長嶋一茂さんや堂本剛さん、中川家のお兄さんなど多く知られています。

カフェインや炭酸ガス、乳酸等の物質からパニック障害の発作が起こるとがデータであるようですが、ストレスが原因ではないかとも考えられいるようです。

まずは、パニック障害では安心感というものが大切になりますので、発作を恐れないようにすることが大切になるようです。

とは言っても、パニック障害を抱えている場合には難しく、常に不安がつきまとっているかと思います。
重度のパニック障害の場合は、医師に相談することをお勧めします。

ストレスや脳内物質の分泌障害などにもよるようですが、不眠や不安、うつなどの症状も同じような原因のようです。

パニック障害は、不眠になる方も多いので、ストレスや不眠、うつ等を軽減するサプリメントがあります。

そのサプリメントは、セロトアルファと言いますが、脳内物質のセロトニンが不足するとうつや不眠になりやすいと言われており、ストレスが原因とも言われています。

パニック障害も軽減できると言われていますので、セロトアルファを試してもルのも良いかと思います。

セロトアルファは、サプリメントですので副作用がありませんので、安心して試せるのではないでしょうか。

⇒ 脳内伝達物質を活性化!”うつ”サプリ【セロトアルファ】